プラスチック真空成形一誠技工舎へメールで連絡
お問い合わせは 048-997-2295
■真空成形トップ■真空成形って?■ブリスターって?■お面を作ろう。■立体印刷成形
担当者はこんな男


担当者略歴
1964年 東京都葛飾区生まれ
1987年 早稲田大学第一文学部社会学専修卒業
同年 トッパン印刷株式会社入社
一般商業印刷からPOPツール、書籍まで営業マンとして印刷のイロハを修行する
1991年 同退社
同年 株式会社一誠技工舎入社 今日に至る

立ち上げに際して.2001年11月. 鹿毛 隆
■ここで言うのもしらじらしいのですが.(聞ける人)がいるということはとてもありがたいことだと思うのです。もちろん何から何まで教えてもらえばいいという訳ではありませんが、何か新しいものにチャレンジしようとするとどうしても分からないことも出てきてしまいます。

このホ-ムペ-ジを立ち上げるのに初めて自分の手で成形品の撮影をしてみました。どうしても教科書どおりにはいきません。作成ソフトを操作してみました。2〜3時間椅子の上に固まってしまうことなんてしょっちゅうです。聞きたくても、何をどんなふうに・誰に聞いたらいいのかさえ分からないのです。こんな時のアドバイス一言がどれほどありがたいことか。

私は思うのです、今この時にも(聞きたくて聞きたくてしょうがない人)がいて、そして聞けば(自分のことのように教えてくれるそんな人たち)が本当は身近かにいる。ただ,お互いにその存在を知らない。これってとても不幸なことじゃないかと。

皆様に御覧になって頂こうと思って作り始めて、あらためてホ-ムペ-ジの意義を、そして(聞ける人がいる)ということ、(聞かなくてはいけない環境に自分がいられる)ということの意義を実感したような気がします。

ホームページのリニューアルに際して.2010年10月. 鹿毛 隆
上記の「立ち上げに際して」と言う文面は、約9年前にこのホームページを作成した時に感じたことです。10年を前にして、今回大きくホームページをリニューアルしました。その理由とは、9年前に感じたことからこのホームページのあり方が離れて行ってしまっているのではないか?と思ったからです。

言いたいことを思うがままに書いていたら、いつの間にか「聞きたい人に分かりづらい」ホームページになっていました。9年前は、僕の顔と数点の製品写真しか載っていなかったこのホームページが。

僕は正直、今まだ迷っています「製造業で、それもこんなちっぽけな工場がインターネットでお客様と結びつくことが出来るのかと」。迷い考えながら、結局はあの9年前の気持ちに戻っていました。

「今この時にも(聞きたくて聞きたくてしょうがない人)がいて、そして聞けば(自分のことのように教えてくれるそんな人たち)が本当は身近かにいる。ただ,お互いにその存在を知らない。これってとても不幸なことじゃないかと」。

迷ったのは、僕の本気度が足りなかったのだと思います。10年を目の前にして、もう一度原点に戻ろうとそして僕のこの反省の思いを表し直してみました。

トップページへ

真空成形(成型)